intra-mart Document Link 導入ガイド 第6版 2018-04-01

Apeos PEMaster Evidence Entryを設定する

Apeos PEMaster Evidence Entryを設定します。
運用に合わせて設定を変更する場合は、富士ゼロックス株式会社製の「Apeos PEMaster Evidence Entry 2.3 管理操作説明書」を参照してください。

コラム

  • Apeos PEMaster Evidence Entryを設定する前に、あらかじめ、次の手順で設定ファイルをダウンロードします。

    1. 「サイトマップ」→「Document Link」→「Document Link管理者」→「Evidence Entry設定ダウンロード」をクリックします。

    2. 「ダウンロード」をクリックします。

      ../../_images/setup_guide_03.png
    1. 「document_link.xml」がダウンロードされました。
  • Apeos PEMaster Evidence Entry 2.4.3は、Apeos PEMaster Evidence Entry 2.3.5用の設定ファイルもインポートできます。

コラム

intra-mart Accel Kaiden!と連携して運用する場合は、設定ファイル「expense.xml」を使用してください。
設定ファイル「expense.xml」は、「Accel Documents管理者ガイド」 - 「Apeos PEMaster Evidence Entryを設定する」を参照してください。

ログイン

  1. Webブラウザを起動し、Apeos PEMaster Evidence Entryのシステム管理ツールのURLを入力します。
    URL は、「http://<Apeos PEMaster Evidence Entry サーバ名>/PEMasterEE/setup/welcome.action」です。
  2. ユーザーIDとパスワードを入力して、「ログイン」をクリックします。

コラム

入力する「ユーザーID」と「パスワード」について
Apeos PEMaster Evidence Entryをインストールするときに「管理ユーザー(Evidence Entry用)」ダイアログで指定した「ユーザー名」と「パスワード」を入力してください。

設定のインポート

  1. 「システム設定」→「設定インポート」をクリックします。
  2. 設定ファイルの「参照」をクリックして、あらかじめダウンロードした設定ファイル「document_link.xml」、または「expense.xml」を選択します。
    ../../_images/setup_guide_04.png
  3. 「実行」をクリックします。
    ../../_images/setup_guide_05.png

    コラム

    intra-mart Document Linkとの連携だけにApeos PEMaster Evidence Entryを使用するときは、「インポート方法」に「インストール直後の設定に初期化してからインポートする」を選択することを推奨します。
    この場合、「機能設計」、「運用設定」の設定内容をインストール直後の状態に戻してからインポートします。
  4. 設定をインポートすることができました。
  5. 続けて、ウェブサービスを設定します。

ウェブサービス設定

  1. 「運用設定」→「ウェブサービス一覧」をクリックします。

  2. 「Document Link」の image_common_1 アイコンをクリックします。

    ../../_images/setup_guide_06.png
  3. エンドポイントに「http://<intra-mart Accel Platformサーバ名>/<intra-mart Accel Platformテナント名>/services/DocumentLink」を入力します。

    ../../_images/setup_guide_07.png
  4. 複合機認証を利用する場合は、ユーザーIDに「サービス認証コードに入力した値」、パスワードに「サービス認証パスワードの値」を入力します。
    フォーム認証を利用する場合は、この手順は不要です。
    ../../_images/setup_guide_08.png

    コラム

    サービス認証コード、サービス認証パスワードについては、「Apeos PEMaster Evidence Entryの運用管理認証ロールとサービス認証コードを設定する 」を参照してください。

    注意

    Apeos PEMaster Evidence Entryは、2017年3月をもって、複合機認証のサポートを終了しています。
    そのため、現在は、複合機認証によるログイン方法は利用できません。
  5. 「設定」をクリックします。

    ../../_images/setup_guide_09.png
  6. ウェブサービスを設定することができました。

  7. 続けて、運用管理認証を設定します。

運用管理認証の設定

  1. 「システム設定」→「運用管理認証」をクリックします。

  2. 「編集」をクリックします。

  3. 認証先に「ウェブサービス」、ウェブサービスに「Document Link」を選択します。

    ../../_images/setup_guide_10.png
  4. 「設定」をクリックします。

    ../../_images/setup_guide_11.png
  5. 運用管理認証を設定することができました。

  6. 続けて、機能設計を反映します。

設定の反映

  1. 「システム設定」→「機能設計反映」をクリックします。
  2. 「実行」をクリックします。
    ../../_images/setup_guide_12.png
  3. メッセージの内容を確認して「実行」をクリックします。
  4. 機能設定の反映が適用されました。
  5. 続けて、Apeos PEMaster Evidence Entryのサービスを再起動します。

Apeos PEMaster Evidence Entryのサービス再起動

  1. Apeos PEMaster Evidence Entryサーバに、Administrator権限をもつユーザでログオンします。
  2. 「コントロールパネル」→「管理ツール」→「サービス」をクリックします。
  3. サービスの一覧から「PEMasterEE」をクリックし、「サービスの再起動」をクリックします。
  4. PEMasterEEサービスが再起動されます。

以上でApeos PEMaster Evidence Entryの設定が完了しました。