intra-mart Document Link 導入ガイド 第6版 2018-04-01

はじめに

intra-mart Document Linkと連携したワークフロー作成の流れ

複合機でワークフローの案件を表示したり、スキャンした文書を添付させるために、intra-mart Document Linkをセットアップします。
次に、IM-Workflowで、intra-mart Document Linkと連携したワークフローを作成します。
これによって、複合機の画面からIM-Workflowのワークフロー案件を選択し、スキャンした文書をワーフクローの添付文書として、ワーフクローを実行できます。
承認されたスキャン文書は、intra-mart Accel Documentsに登録できます。
intra-mart Document Linkを使用した場合、複合機には、フォーム認証または複合機認証でログインします。
フォーム認証とは、複合機の操作パネルに表示されるログイン画面で、ユーザIDとパスワードを入力してユーザを認証する方法です。
複合機認証とは、ICカード認証など、複合機に設定されている認証情報を利用してログインする方法です。

コラム

複合機にワークフローの案件を表示したり、スキャンした文書をワークフローに添付させるためには、
intra-mart Document Linkの他に、Apeos PEMaster Evidence Entryが必要です。
Apeos PEMaster Evidence Entryについては、下記を参照してください。

注意

Apeos PEMaster Evidence Entryは、2017年3月をもって、複合機認証のサポートを終了しています。
そのため、現在は、複合機認証によるログイン方法は利用できません。
../../_images/common_guide_1_1.png