intra-mart Accel Platform IM-LogicDesigner仕様書 第15版 2020-04-01

5.2.1.9.28. 処理対象者再展開

IM-BIS ワークフローの処理対象者を再展開するタスクです。

コラム

パフォーマンス

繰り返しタスクを用いて多数の案件を展開するなど、作成するロジックフローによっては、処理に時間がかかります。

注意

処理対象者標準プラグイン結果キャッシュについて

処理対象者標準プラグイン結果キャッシュが有効な場合、古い情報で展開される可能性があります。
当タスクを実行する前に必要に応じて「 処理対象者標準プラグイン結果キャッシュ削除 」ジョブを実行してください。

5.2.1.9.28.1. プロパティ

項目名 必須/任意 初期値 説明
エラーハンドリング 任意 flag false エラー発生時に処理を継続する場合は、チェックボックスをオンにします。

5.2.1.9.28.2. 入力値

im_bisReExpandExecutableUser <object>
  ├─ systemMatterId <string> *
  └─ nodeId <string> *
項目名 必須/任意 配列/リスト 説明
im_bisReExpandExecutableUser 任意 object なし  
systemMatterId 必須 string なし システム案件ID
nodeId 必須 string なし ノードID

5.2.1.9.28.3. 出力値

im_bisReExpandExecutableUser <any>
項目名 配列/リスト 説明
im_bisReExpandExecutableUser any なし 出力値として利用可能な値はありません。