intra-mart Accel Platform IM-LogicDesigner仕様書 第15版 2020-04-01

5.2.1.4.33. 認可ポリシーの解除

認可ポリシーの解除を行うタスクです。

5.2.1.4.33.1. 入力値

im_unsetAuthzPolicy <object>
  ├─ action <string> *
  ├─ resourceGroupId <string>
  ├─ resourceTypeId <string>
  ├─ resourceURI <string>
  └─ subjectGroupExpression <string> *
項目名 必須/任意 配列/リスト 説明
im_unsetAuthzPolicy 任意 object なし -
action 必須 string なし アクション
resourceGroupId 任意 string なし
リソースグループID
リソースURIが指定されていない場合は、必須です。
リソースURIとリソースグループIDの両方が指定されている場合は、 リソースURIだけが設定されている事として動作します。
resourceTypeId 任意 string なし
リソースタイプID
リソースURIが指定されていない場合は、必須です。
リソースURIが指定されている場合は、不要です。(リソースURIからリソースタイプIDを自動解決します)
resourceURI 任意 string なし
リソースURI
リソースグループIDが指定されていない場合は、必須です。
リソースURIとリソースグループIDの両方が指定されている場合は、 リソースURIだけが設定されている事として動作します。
subjectGroupExpression 必須 string なし
サブジェクトグループ式
詳細は「認可仕様書」-「サブジェクト管理」を参照してください。

5.2.1.4.33.2. 出力値

im_unsetAuthzPolicy <any>
項目名 配列/リスト 説明
im_unsetAuthzPolicy any なし 出力値として利用可能な値はありません。