intra-mart Accel Kaiden! 2020 Spring リリースノート 初版 2020-04-01

8.1.2. IM-Workflow

8.1.2.1. ワークフローパラメータのファイルトランザクションレベル(transaction-file-level)は「1:必須ファイルのみ生成」に設定する必要があります。

  • 再申請時等で申請内容の変更履歴保持のため「ユーザデータID」を新たに採番しています。
    ファイルトランザクションレベル(transaction-file-level)を「2:必須ファイル+操作履歴ファイル」に設定した場合に出力される
    操作履歴ファイルには当該処理が反映されません。

8.1.2.2. intra-mart Accel Kaiden!では申請基準日をマスタデータ取得の基準日としています。

  • intra-mart Accel Kaiden!では申請基準日をマスタデータ取得の基準日としています。
    (処理)対象者を展開する日をシステム日付に設定した場合でも、
    intra-mart Accel Kaiden!のマスタデータの取得を行う基準日は申請基準日です。

8.1.2.3. intra-mart Accel Kaiden!では申請基準日の変更は行えません。

  • 申請書を一時保存後、申請基準日の変更を行っても、GadgetBuilder版ではないガジェットで使用する申請基準日は変更されません。
    また、案件情報ガジェットの「検索基準日」も変更されません。
    (申請画面を初めて表示した際の申請基準日が使用されます。)
    申請基準日を変更する際には、新規申請を行う必要があります。
    ただし、GadgetBuilder版のガジェットでは、一時保存後に申請基準日を変更した場合に変更後の申請基準日を使用します。

8.1.2.4. 縦配置ノード、横配置ノードを含む申請書の申請履歴画面を表示した際、処理名の欄に処理IDが表示されます。

  • 縦配置ノード、横配置ノードを含む申請書の申請履歴画面を表示した際、処理名の欄に処理IDが表示されます。
    上記のルートの申請書では、処理名を取得できません。
    処理名を取得できない場合、処理IDを表示する仕様です。

8.1.2.5. intra-mart Accel Platform 2019 Summer(Waltz)以降の一覧画面で削除できない案件に対して完了案件削除をした場合、エラーメッセージが正常に表示されません。

  • 未精算・精算中の事前申請書等、削除できない案件に対して完了案件削除をした場合、エラーメッセージが正常に表示されません。
    エラーメッセージを表示したい場合、intra-mart Accel Platform 2019 Summer(Waltz)以前の一覧画面を使用してください。